当院の特長

他院との違い

はり・きゅう専門。少ない刺激の心地良い施術で「根本治癒」へと導きます

のぞみ鍼灸院は、東洋医学の考えに基づいた全身治療をおこなう、はり・きゅう専門治療院です。

私たち人間のカラダは、構造的に、この地球上で二本足で立ち、きれいにバランスがとれるように成り立っています。また、東洋医学の考えでは、私たちのカラダには12本の経絡(けいらく)がめぐっており、生命活動に必要なエネルギーを巡らせています。

カラダのバランスがきれいに整っていて、この経絡の流れがスムーズだと、人は健康で元気な状態でいられます。

でも、ときにバランスがくずれたり経絡の流れが滞ったりして、アンバランスになってしまい、痛みや不調を感じてしまうのです。

当院の治療は、このカラダと経絡のアンバランスを整えることで、私たちが本来持っている「自然治癒力」を引き出し、病気や不調を根本から改善するお手伝いをいたします。

お一人おひとりの症状、体質、カラダの状態に合わせたオーダーメイドの鍼灸治療をおこないます。

全身治療を基本としています

今はクリニックや接骨院など、さまざまなところで鍼灸の治療を受けることができます。しかし、ほとんどの場合が腰といえば腰だけ、肩が痛いといえば肩だけに鍼やお灸をするといった局所的な治療になりがちです。

ガンコな痛みやずっと続いているような症状の場合、その箇所だけではなく全身的に原因が隠れているケースが多く、特に、だるさやめまい、頭痛、首の痛み、動悸、不安、気分の落ち込み、といった複数の症状が重なる自律神経症状では、カラダ全体を一つとしてとらえて治療する必要性が生じます。

そのため、当院ではカラダ全体を診る治療を基本としております。

なお、患者様の症状や体質によって治療の方法・進め方が変わります。施術後は今後の治療計画や見通し、次はいつ頃来たらいいのか、どれくらいの治療間隔で通えばいいのか、などをお話しさせていただいております。

また、鍼灸を受診しようと思った症状以外にも気になることがあればお気軽にご相談ください。トータルで改善に導くお手伝いをさせていただきます。

東洋医学的なアプローチ

東洋医学では、人のカラダは五臓六腑によって保たれていると考えられています。

五臓というのは、肝・心・脾・肺・腎の5つ
六腑というのは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦(さんしょう)の6つ

現代の西洋医学的に言われている臓器とは少し性質の異なるものなので、イメージがつきにくいかもしれません。普段はこの五臓六腑のバランスがうまく調整されていることによって、私たちの健康が保たれています。

しかし、そのバランスが崩れてくると痛みや不調として症状に現れてくるのです。

当院では、患者さまの訴える症状はもちろんですが、この五臓六腑のバランスについてもしっかりと観察し、症状の根本的な治療を行っていきます。

ゆがみを整えて自然治癒力を高める

五臓六腑の働きを良くするには、「気」と「血(けつ)」という生命エネルギーがカラダにある「経絡」という通り道を滞りなく循環していることが大切です。

東洋医学では、この気や血(けつ)がカラダを巡ることで五臓六腑に行き渡り、エネルギーを回していると考えられています。

日々の生活を送る中で、ストレスや内外その他のいろいろな要素によって、経絡の流れに影響が起こり、気血が滞ることがあります。

そうすると、五臓六腑にうまく気や血がいきわたらなくなってしまい、本来均等にエネルギーが回っていかなければならないのに、エネルギーが足りなかったり、過剰いなってしまったり、といった差が生まれ、カラダの機能がゆがむことで不調となって表面にあらわれてきます。

この気血の流れをスムーズにしてカラダの機能のゆがみを整え、五臓六腑に均等にエネルギーを回すようにしていくのが当院の治療となります。

「なんだか調子が良い」の積み重ね

自律神経症状をはじめ、慢性的な症状やアレルギー症状、内臓の不調といった病院の治療でもなかなか効果の出にくい難治性の症状も、はりきゅう治療を行うことで、だんだんと「なんだか調子が良い」と感じられるようになります。

そして治療を継続することで、その「なんだか調子が良い」を積み重ね、「あれ、気づいたら良くなってた」と感じられるようになります。

ぎっくり腰や寝違えなどの急性の症状の場合は、その場で楽になることも多々あります。
ぜひこの機会にはり・きゅう治療をお試しになってみてはいかがでしょうか。